« orz | トップページ | 夕焼け »

2007.08.19

ハリーポッターと不死鳥の騎士団

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
サントラ
B000QUCVJC

恒例ハリポタ会。
ハリポタだけはシリーズ始まった時の職場のチームメンバーと毎回揃って見に行きます。

始まる前から、Lたんのスピンオフ予告ハリポタバージョンでかなりテンション高めの私。

今回は2時間半ぐらいと短めなのが更に短く感じました。
今までのシリーズの中で一番つなぎっぽい話ですが、一番はいりやすかった!
そして一番お金もかかっているような。。。
マグルの前で魔法を使ったことが審判されているっていうのに、あんな街中を箒で飛んでいいですかね。マグルの目前飛びまくり・・・(^^;
しかし、その時の開けるような景色やカメラワークは今までのシリーズとは全く違う視点だったので、気持ちよかったです。

後半は考えさせられることもあり、泣ける部分もあり。
ハリーの気持ちも、友人の気持ちもよくわかる。
全て一人で抱え込んでしまうことも、わかってもらえないわかってほしくないそれでもわかりあいたいジレンマも、孤独も、頼ってくれない話してもらえないせつなさも、淋しさも不安も。

あまりにも大きなものに立ち向かうために懸命に大人になろうとし、実際大人よりも複雑なものを抱えて内面的に葛藤しながら成長をしていく彼らの姿がうまく描かれていたなと思うのです。

すれ違ったり、笑いあったり。

もう本気で笑いあう余裕が殆ど無い中で、夜の談話室ハリーのキスの話をしながらハーマイオニーが笑うシーンが印象的でした。ああいうの好きなんです。
日常の中のさりげない、だけど二度とない一瞬。

あとは失ったものが以外なところから出てくることを祈るばかりです。
大好きなワンコ・・・。

|

« orz | トップページ | 夕焼け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4391/16166378

この記事へのトラックバック一覧です: ハリーポッターと不死鳥の騎士団:

» ダニエル・ラドクリフの似顔絵。「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」「トランスフォーマー」 [「ボブ吉」デビューへの道。]
●「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 原作も未読、映画も「賢者の石」・「秘密の部屋」を流し観ただけで、 いきなり「不死鳥の騎士団」を観たのは、やはり無理があった(笑) 大体、ポッター(ダニエル・ラドクリフ)のファースト・キスの相手も、 ずっとハーマイオニー(エマ・ワトソン)だと思ってましたから・・ お恥ずかしい限りです(汗) でもハーマイオニーは、ポッターの事が好きなんだと感じたんですが、 どうなんでしょうか(あくまでも原作未読者の言う事ですから) 物語の詳しい展開は書けない分、似顔絵を頑張っ... [続きを読む]

受信: 2007.08.19 19:06

« orz | トップページ | 夕焼け »