« イン・ザ・プール | トップページ | FINE DAYS »

2006.09.30

メゾン・ド・ヒミコ

メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)
渡辺あや 犬童一心 オダギリジョー
B000CC1DTS

【ストーリー】 by Amazon.com
私を迎えに来たのは、若くて美しい男。彼は、父の恋人だった。塗装会社で事務員として働く沙織。ある日、彼女のもとに若くて美しい男・春彦が訪ねてくる。彼は、沙織と母親を捨てて出て行った父の恋人だった。沙織の父は、ゲイバー「卑弥呼」の二代目を継いだが、今はゲイのための老人ホーム「メゾン・ド・ヒミコ」を創設、その館長を務めているらしい。春彦は、その父が癌で余命幾ばくもないと言い、ホームを手伝わないかと誘う。父を嫌い、その存在さえも否定して生きてきた沙織だが、破格の日給と遺産をちらつかせて、手伝いに行くことを決意する。死にゆく父親、その父親を愛する春彦、そんな二人を見つめる沙織・・・いつしか三人に微妙で不思議な関係が芽生えていく。

やっと観れました!!
会社の先輩&後輩イチオシの映画。
そして、期待を裏切らず、異国か異世界のように別の時間が流れているような、いい映画でした。ストーリーはとてもせつない。ホロリとくる静かな映画。
メゾン・ド・ヒミコのひとつひとつがとても好きでした。
建物の感じや、入り口へ続く緑や、足の細い家具、籐の家具。
ゲイの人たちが持つ女性的な服や小物。
プールや海に面した庭とウッドデッキ。
そこで暮らす人々の仕草や言葉も。

そして・・・オダジョーが色っぽすぎです・・・orz
服だとか髪型だとかヒゲだとかスタイルだとか立ち居振る舞いだとか!半裸シーンの背中だとか二の腕だとかも!惚れる!
ひとつ前にみた「イン・ザ・プール」では同じ半裸でもあんなに情けなかったのに!
この役での彼はめちゃめちゃカッコいいです。
あんなヒラヒラした服着ても、常にシャツがパンツにINでも、はまりすぎてる上品さがまたいい!
中学生の男の子が惚れちゃうのも納得!!

|

« イン・ザ・プール | トップページ | FINE DAYS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4391/12097903

この記事へのトラックバック一覧です: メゾン・ド・ヒミコ:

« イン・ザ・プール | トップページ | FINE DAYS »