« リバティーン | トップページ | 4月ラスト »

2006.04.28

サグラダ・ファミリア 聖家族

サグラダ・ファミリア 聖家族
中山 可穂
4101205310

せつない小説が読みたくなって、迷わず彼女の本を探した。
まず、“せつない”ということに間違いないから。

春雨や桐人という新しい命を連れてくるのは、いつも透子。
ガリは白滝や透子といった最愛の者たちの死に向き合っている。

最愛の女の死。そして彼女の遺した命。
遺された者たちが不在の恋人を愛しながら、
互いに欠けた部分を補い合い家族になってゆく。

彼女の本は何冊か読んでいるけれど、涙なしでは読めないほどに、今まで読んだ中でもとびきりせつない一冊。

|

« リバティーン | トップページ | 4月ラスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4391/9801657

この記事へのトラックバック一覧です: サグラダ・ファミリア 聖家族:

« リバティーン | トップページ | 4月ラスト »