« 飲み会 | トップページ | 倉科ちゃんv »

2005.08.27

生きる

今年の24時間テレビのテーマは「生きる」
よく考えるテーマなのでズシンときます。。。

身内が幼くして発病から2週間で亡くなりました。
私は同じ血をひいています。
遺伝病ではないけれど、いつ、同じ病気になるかなんてわかりません。
体格がよくても、血が薄くてヘタレだし。

だから当たり前の毎日。
何気ない時間をとても大切に思う。

今日当たり前にできていることが、当たり前に会えている人が
明日もこの手の中にある日常とは限りません。

これも前から思ってはいたけれど、ここ数ヶ月で思い知らされたこと。

そんなことを考えるうちに思ったことや感じたこと、
伝えたいことは素直に伝えようと思うようになりました。

照れ隠しだとか、意地っ張りだとか、天邪鬼だとかいう
性格のせいでなかなか出来ていないけれど。。。
嬉しいくせに何気ないフリをしてしまうクセとか直さないとな。。。

何よりも大事にしたいことは、ごくごく狭い範囲だけれど、
身の回りの家族や友人たちと同じ時を生きていくということ。
共に泣き、共に笑い、日々の傷みも喜びも苦しみも楽しみも分け合っていければいい。
同じ時代に生まれ、縁あって出会った大切な人達を大事にしていきたいのです。

それが私の生きるということ。なのかもしれません・・・。

|

« 飲み会 | トップページ | 倉科ちゃんv »

コメント

こんにちは、ちゅら子と申します。
ブログ・ランキングからきました。
私も24時間テレビをみています。
「生きる」ということを、深く考えてしまいました。

私も、ブログで日記をつけています。
ぜひ、遊びに来てください☆

投稿: ちゅら子 | 2005.08.28 00:08

お越しいただきありがとうございました☆

ちゅら子さんのブログも拝見しました♪
「生きる」ってとてもとてもシンプルでだけれど深いテーマですよね。
若くしてガンで亡くなった女の子の話は私も涙・涙でした。
日々を過ごせるありがたみ、当たり前のことこそがとても幸せなことなのだと。。。

投稿: saku | 2005.08.28 19:14

仕事(夜勤)だったので・・・8割方見れていませんが、私も24時間テレビちょこちょこと見てるよ。昨日のドラマは、ちゃんと見ました。
職業柄・・・「生きる」ってことについて考える機会も多いよね、私は。「よりよく生きる」って言うのも難しいし。
そしてそんなときに考えるのは、中学時代に亡くなった同級生のことかな。しかも、2人。どっちとも仲が良くて、亡くなったって聞いたときは、悲しくて寂しかった。

あれから、20年以上がすぎて、その間にも世間ではいろんな出来事でたくさんの人が亡くなって・・・。今、自分がこうして生きているってことが改めて奇跡のように思えます。時々は、生きてるのがつらいこともあるけれど、生きたくても生きられなかった人たちのためにも、私は私の人生を精一杯生きていかなければいけないな・・・と思った私です。

投稿: ひろにゃん | 2005.08.28 20:18

うちも仕事であんまり見てないけど、飛び飛びで見てました。
ラストのSMAPライブだとかは見たよ。

若くして亡くなるのは本当に悲しい。
高校時代に同じ部の同級生が亡くなったときも、お葬式に出ても現実感がなくて。
今でも彼女が亡くなった場所を通るたびに思い出す。
彼女とは特別仲が良かったとかではなかったけれどそんな感じだから、ひろにゃんの場合、仲のいい友達なら尚更喪失感が大きかっただろうな。。。
それでも、自分は前を向いて歩いていかないといけなくて。
命の現場の苦しさも。
うちと出会った頃もまさにそんな現場にいて苦しんでいたやん。
命をあずかる仕事の重さだとかつらさだとか、ジンと伝わってきて、あの時感じたこと、考えさせられたことも、ちゃんと胸に残ってるよ。


投稿: saku | 2005.08.29 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4391/5663161

この記事へのトラックバック一覧です: 生きる:

» 生きる [ひろにゃんのつぶやき]
24時間テレビ28 「生きる」  日本テレビ  子供のときは、どうしても徹夜ができず、大人になったら仕事ばかりで、毎年まともに見ることができない「24時間テレビ」。今年も例よって例のごとく仕事でした。  さて、今年のテーマは「生きる」。ひろにゃんは...... [続きを読む]

受信: 2005.08.28 20:39

« 飲み会 | トップページ | 倉科ちゃんv »