« バレー惜しかったなぁ! | トップページ | トラックバック・ピープル »

2004.08.25

マリカの永い夜/バリ夢日記

marika.jpg

「マリカの永い夜/バリ夢日記」/吉本ばなな著

だいぶ前の作品ですが。今頃読みました。

あ~。とっても大好きな感じの小説!
バリに行ってみたくなったな~。とっても。

この本を読んでいたら、旅に出たくなった。
気の合う友人と時間も気にせず、のんびり羽根を伸ばす旅へ!

ゆったりと流れる時間と、南国特有の太陽の日差し。
青い海と青い空。
夜には満点の星空と
見つめていると吸い込まれてしまいそうなくらい真っ暗な海。
生命の源。

ん~!!良いなぁvvv

何故友達かって、
この小説のふたりが母子のようでいて、また姉妹のようでいて、
また全く違う対等の友人であってという関係が
ものすごく深いところがつながっている感じが
素敵だったから!

パートナーとでも良いけれど、
人として大好きな人と一緒に
日常とは違う時の流れの中でひとときを過ごすって、良いよな~。


早い話、うちは友情モノに弱いわけです。
映画でも、小説でも。

友情モノと言ってしまうと、なんだか安っぽい感じもするけれど

恋愛みたいにべったりじゃなくて、
でも恋愛とはまた違う深い何か絆のようなものでつながっているような感じ。

肉体関係も血縁関係もないけど何かでつながっている、
そんなトコロに惹かれる。

男同士の友情モノには愛を感じてしまうので(腐)
女同士ってところが、良いのかも!

|

« バレー惜しかったなぁ! | トップページ | トラックバック・ピープル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4391/1277978

この記事へのトラックバック一覧です: マリカの永い夜/バリ夢日記:

« バレー惜しかったなぁ! | トップページ | トラックバック・ピープル »